その他いろいろ

2017年4月19日 (水)

日本文芸学概論

好きなところから始めよう、として全然進まなかった昨年の経験から

よし、今年は「順番」でやろう、と決めました。

頭から、ということで 日本文芸学概論

小田切先生の教科書から始めます。

2017年4月12日 (水)

また新学期

結局、レポートの一枚も出さないままで3年目を迎えました。

今年こそは!!の誓いを新たにするしかありません"(-""-)"

今日は、母の命日。

朝、いきなり、本棚から母の写真の前に置いていた「ぐい飲み」(母が行きつけの居酒屋でひれ酒を飲むのに使っていた名前入りの砥部焼)が落っこちてきました。

写真が倒れて、その勢いで吹っ飛んできたようです。

こんなこと、初めて。

母が「忘れないでよ!」と合図してきたのだろうと、ほっとした気持ちになりました。

実は昨日、タイ在住の娘が一時帰国して婚姻届を出したところです。

最期まで孫娘を案じていた母が、この結婚を祝福してくれたのだろうと勝手に想像しています。

2016年11月 7日 (月)

旅行も終わったし…

 月に6日の仕事を9月いっぱいで辞め、念願のカルフへの一人旅をやっと実行。

 気持ちが落ち着いたので、まじめにリポート出そうと思います。

 2年めも終わってしまうのに、まだ一枚も出してないなんて!Img_20161023_1543415_rewind


↑ ヘルマン・ヘッセが生まれた町、南ドイツのカルフ。とっても美しい町です。中世の雰囲気がそのまま残っている田舎町。

ヘッセの生家跡、ヘッセが釣りをした川、「郷愁」の主人公・ペーターの家 などがあります。

↓ 「知と愛」の舞台となったマウルブロン修道院。「車輪の下」の主人公・ハンスとヘッセ自身が学んで逃げたところでもあります。Photo

2016年4月29日 (金)

「死都日本」

r九州の地震に恐れをなして、いつもの癖で 関連もの を漁ってしまいました。

  地震、火山、原発、津波… いまさらながら、なんと恐ろしいところに私たちは住んでいるのでしょう。

 6千年に一度起こる、という「破局的噴火」という言葉に反応して、ついつい読んでしまったのが、

石黒耀 「死都日本」

 単なるパニック小説、と言ってしまうにはあまりにもったいない、実に面白い物語でした。電子書籍で買って、昼から読み始め、気づけば夕方でした。

 2011年の大震災の前に書かれた小説ですが、すでに「未曽有の」大地震も津波も原発事故も経験してしまった今の私たちにとっては、この物語はもはやSFではなく、現実的な防災小説として読めてしまいます。

 この結末にあるように、この国も根本から変わる日がくるのかしら。

興味深い学会の態度↓

http://sk01.ed.shizuoka.ac.jp/koyama/public_html/etc/abstracts.html#02 ama

2016年4月 3日 (日)

4年進級

新学年となって、ウェブでも「4年生」に表示が変わりました。

今年度最初の学科は「労働法」です。

専門科目は、相変わらず乱読状態が継続中です。

ほんとに本を読んだことがないのか、私?  という疑問が半世紀を経て浮かんできた今日この頃。

ところで、今日は父の命日。

桜の咲くころ父が死に

桜が散るころ母が死んだ

それでも私は 桜の季節が好き

2016年3月16日 (水)

今日の映画

 最近はほとんど毎日、テレビドラマ(の無料放送)か、アマゾンのプライムビデオで映画か、少なくとも1本以上は見ています。

 これで、仕事が忙しいの、勉強する時間がないのとよく言うわ…というところですが、

 

 一昨夜は、「愛する人」 (2009年「Mother and Child」

 昨夜は、「心の旅」(1991年「Regarding Henry」

 今日は「ウォーム・ボディーズ」(2013年「Warm Bodies」)

  本日の作品は秀逸なゾンビ映画です。泣きたくなるほど、というべきか、笑っちゃうほど、と言うべきか、ともかく面白く、やがてじわりと希望の陽が射してくるという、一見の価値ありの作品でした。

で、今日もおわり。

2016年3月11日 (金)

メディア申し込み

おそらく最後のスクとなるだろう前期スク(1科目)の支払い完了。

ぎりぎりまで待ったのはとある事情からですが、

なんと今回のエントリーは(も?)畑違い科目、「労働法」です。

平家物語にするはずが、手違い、ではなく、わざわざの変更です。

慶應ではとうとう労働法を取らなかったので、その心残りから、とでも言っておきましょうか…。

明日明後日、確定申告に没頭する予定で、今日までだらだらしてましたが、もう逃げ場がない! さてっと。

2016年3月 3日 (木)

4年生になりました。

進級判定通知というものが来ました。

法政では進級というものがあるのです。

で、私はみごと! 4年生になるそうです。

4年生が何年も続くのかな?

2016年1月12日 (火)

再開なるか?

 3年半ほどご無沙汰していたバイオリンを再開することにしました。

 2012年夏、それまで在籍していた某アンサンブルを休団(ということにしました)して以来、ほんの数ケ月だけ市民オケに手を出した以外はケースを開けることもなく、せっかく買った高価なオリーブ弦を腐らせてしまっていました。

 今年になってふいに思い付いて、少人数のアンサンブルに入ってみることにしました。

 早速、弦を張り替え、チューナーの電池を替え、もらった楽譜を拡大コピーし(!)、予定楽曲のヘンデルのCDを注文し、注文したものが間違っていたので再度発注し、、など、いつもの「思い付いた時のドタバタ」をやってます。

 月末から冬期スクーリングに行きますが、それまでには生活の立て直しをやりたいです。

 6時前に起きて、ラジオ体操をやるところから始めます。

2015年11月21日 (土)

札幌スクの結果、および冬期スク申し込み・入金

毎日見ていた学生webですが、

今朝の確認で、札幌スクの結果が出ていました。法律学(刑訴)で無事、2単位ゲット。総計10単位となりました。

冬期スクも、昨日入金(ネットバンキング)しました。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー