« リポート  | トップページ | 金色夜叉 »

2015年4月20日 (月)

漱石ほか

 メディアスクに沿って、二葉亭四迷、樋口一葉、尾崎紅葉、と順番に読んでいるところですが、正直、つらいですね。

 あまりにつらいので、一葉は、とりあえず現代語訳を読みました。

 おおっ! 「たけくらべ」はこんな話だったのか!

 と今頃わかる私です。

 町の風景や子どもたちの日常が丁寧に書き込まれていて、その光景が映画を観るように目の前に広がりました。 原文にたどり着けるのはいつになるやら。

 告白すれば、最も読書を重ねるべき中学生時代に、私は日本文学をほとんど読んでいないのです。夢中になって読んでいたのは、いずれも翻訳もの。読んだ回数最多は「赤と黒」でした。

 松山出身、しかも子規や漱石に縁深い松山東高出身で、子規も漱石もろくろく読んでいないなんて、人に言えないくらい恥ずかしいことです…。 今、寝る前読書が漱石です。 

« リポート  | トップページ | 金色夜叉 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1221188/59705774

この記事へのトラックバック一覧です: 漱石ほか:

« リポート  | トップページ | 金色夜叉 »