« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

よ~し

 若干時間できると、

 よ~し、やるぞ~

 と思います。

 これが続くといいんですけどね…。

 人生の残り時間が少なくなってきたので、行動を厳選してコトにあたりたい、という思いが強くなってきました。

 仕事やめて残り時間を充実させたいところですが…稼ぎ続けなければならない、という経済状況では、それは到底無理sweat01

 であれば、できるだけ仕事時間を減らし(減らすほど仕事あるのかよ~と言われそうですが)、自分と向き合う時間を作りたいです。

 自分の興味・関心を集中して、何事かの成果を出したいですね。

 当面のプログラムは、

 ①せっかくだから卒業論文を機会としてとらえて、これまで自分がこだわってきた問題を整理する

 ②その後、そのテーマを徹底的に掘り下げる

 のような感じかな? 二段階になっているのは、卒論は法律学としての整理しかありえないからです。

 私の問題意識は、社会学フィールドに位置しているので、法的整理を踏まえた上で仕切り直しの必要があるからです。

 

 というわけで、卒論テーマはほぼ決まりです。

 関連科目は、親族法、憲法あたりですかsnow

  

2012年1月25日 (水)

ほんとにそろそろ

4年目が終わろうとしています。

 4年での卒業はできませんでしたが、卒論準備には入らないと、いつまでも卒業できません。

 春の初指導には間に合わないので、秋をめざして期限を切ります。

 初指導から一年半かかるので、卒業は早くても2年後の2014年3月になります。

 あ~言っちゃった。言っちゃった以上、やらなければbell

2012年1月22日 (日)

さらば、日本政治史!

となれば、いいなあ…

ずばり、出ました「壬申の乱」。tennis

 今回を外せば、またまた縁が切れないところでした。

刑事政策学は「被害者参加制度」。

 ビンボーな私はけちって古いテキストを買っていたので、このテーマはテキストには載っていませんでした。

 ただ、出掛ける寸前に改正刑訴法をネットでさらっと読んでいたので、なんとか書きました。

 さて、4単位取得なるか?

 あるいは、テキトーがばれて惨敗か?

2012年1月16日 (月)

刑事政策学 レポ返却

ようやくレポが帰ってきました。

ほぼ完全なAsun

 ま、職業上、この課題なら入管六法だけで書けて当たり前なんです。

というわけで、

今度の試験は、ともにレポA合格の

「日本政治史Ⅰ」(なんと4度目の挑戦。いい加減にしろよ、私)

「刑事政策学」

にチャレンジ。

あ~手をつけてない~。

2012年1月13日 (金)

結局、今回も

だめですね…

全く手つかずのまま試験に行くことになりそう。卒論なんてまだまだ。

それでも行くべきか?

悩みます。

2012年1月 9日 (月)

試験まで二週間…

 「刑事政策学」テキスト(指定より古い版)を初めて最後まで読みました。どうもこうも…やっぱり、この領域は古いのはダメですね。

 法改正が多く、その施行がこの本が出てから現在までの間に行われているのがやたら多い、テキストの知識を仮に全部頭に入れたとしても、現状の理解はできないということを発見。

 あれま~。

 さて、4度目の「日本政治史Ⅰ」には、未だ全く手つかず。落第記録を更新するかな。

2012年1月 2日 (月)

さて今年は?

慶應通信4年が終わろうとしています。

単位は100を超えたので、今年は卒論に取りかかる年、とします。

さて、春の指導に間に合うかな?

 新年なので、一応?今年の誓い。

1 時間があろうがなかろうが、最低1時間はテキスト・参考文献を読む。

2 時間があろうがなかろうが、週1本映画を観る。

3 時間があろうがなかろうが、一日10分程度のストレッチorヨガをやる。

4 時間があろうがなかろうが、ブログ更新をする。(ブログが4つあるので、最低一つは、ということでOKとしよう)

 てな感じで…

 すご~くハードルの低い「誓い」なので、これくらいはなんとかなるかな?

 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »