« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011年7月31日 (日)

いざ、出発へ

sweat01 今期は二期、13泊の夏期スクです。

 なんだかんだと忙しくて、何一つ準備できていません。

 とりあえず、テキストは全部購入、ホテル予約、学割郵送購入は済み。あとは、荷作り…なんですけどね。

 出発予定日に避けられない仕事が入ってしまったので、早朝出発・東京で一仕事、ということになりましたsweat01 。

 来年一期も残しますが、二期連続は今年が最後。楽しんできま~す。

 それにしても…地震が怖い。ちょうどいい感じにやばい地理。

2011年7月18日 (月)

中古本をあさる

今年の夏期スクはテキストがやけに多いsweat02

 「社会学特殊」なんて、指定テキストだけで3冊! 1科目で1万円も遣うのは結構辛いです…

 というわけで、いつものように、アマゾン中古本をあさって、うち2冊は中古を注文しました。

 3990円→1600円

 1260円→491円

 残り一冊は中古が見つからず、やむなく新本、3990円。

 「国際政治論」のテキスト「国際学入門」は2625円→580円

 「国際政治学をつかむ」はまだ発見できず…。これも新本になるかな。

 「法制史特殊」のテキスト「日本法制史講義ノート」は入手困難。

 しかし、初年度にこのシリーズで「法学講義ノート」を買って(しかも版が古いからと最新版を買うよう指示されて、結局2冊買った)、「買ってソンした」感があるので、これはナシでもいいかな、と思ってます。

 経済的余裕がないので、参考図書まではとても買えません。図書館を利用することにします。

2011年7月13日 (水)

夏期前に再レポを

 国際法Ⅱと刑法各論の再レポ。

 国際法は試験合格済み、刑法各論は結果まだ。

 レポ時効が9月の国際法Ⅱをやらなくてはいけない、と思いつつ、身体が重いです……。

2011年7月11日 (月)

そろそろ夏期スク準備

準備

 しなくてはいけませんね…。テキストをネット注文したり、二週間の休暇をとるための段取りをつけたり……

 でも

 いつものとおり、なかなかエンジンがかかりません。試験後の虚脱感を楽しんでいる状態が続いてます。

 たいして勉強するわけでもないのに、試験が終わると、「勉強しなくてもいい期間」にかってに入るので、なんとなくほっとします。

 でも、そろそろ、夏準備。

 

2011年7月10日 (日)

夏期計画

 日々をやり過ごすのがこんなに辛いことがあったのだろうかと思う今日このごろです。

 放射線量、内部被曝、「安全講話」を流す自治体…

 被曝感受性の落ちている年齢だから、自分自身の問題としてではありません。これから人生の旬を迎える若い人達、彼らが育てる幼い子たちの5年後10年後20年後…に責任が持てるのか、ということ。

 簡単に「問題ない」「安全だ」「影響ない」と言ってしまっていいんですか、菊地さん。

 というわけで、

http://homepage2.nifty.com/fumi-office/110828flier.pdf

pen 

いささか現実逃避の意味もありげな 夏期スク。

Ⅰ期

政治理論

社会学特殊

Ⅱ期

法制史特殊

国際政治論

の予定です。

 社会学特殊のお題は、「国際移民の時代における多文化共生の可能性と課題」だから、選択しないわけにはいきません。

 スクーリングの間は、放射能も仕事もすべて忘れて勉強だけしていたいと思います、が…できるかな?

2011年7月 7日 (木)

50年後の安全

松井英介さん講演会

チラシPDF版
http://homepage2.nifty.com/fumi-office/110828flier.pdf


8月28日午後2時
宇都宮市南図書館多目的ホール
参加費800円

授乳室あります。

2011年7月 4日 (月)

試験が終わった

 7月試験

 計4科目の受験。

 う~ん、3勝1敗、というところかなあ。

 A群がアブナイです。

 この後、残る試験二科目は、両方ともA群なので、A群(日本政治史Ⅰ 二回目挑戦)に落ちると、いつまでも次の科目に行けない、という状況に陥ることに…。

 日本政治史Ⅰがこんなに手強いとは…

 あ、単に勉強してないだけなんですけどね。

 刑法各論、

 出たらいいな、と思っていた「住居侵入」がずばり出たので、思わず うふふ。

2011年7月 1日 (金)

明日ですね、試験。

……

 ああ~こんなにも何もしなかった試験は初めて(と、何度も言っているような気もするが…)

 今回は地元なので、ゆっくり12時出発でいいのがうれしいですね。

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »